前へ
次へ

転職時の営業求人にある日給月給制の意味

アルバイトを経験したことがあるなら日給制の意味は分かるでしょう。
1日ごとに給料が決まっていてその日のうちに給料を支払ってくれるところもあります。
通常は1か月で締めて特定の日にまとめて振り込まれることが多いはずです。
一方会社などに入って正社員として採用されれば月給制になります。
転職をしようと営業求人を探そうとすると項目の中に日給月給制で給料が支払われるとの旨が書かれているときがあります。
日給と月給の両方の文字があり意味が分からない人もいるかもしれません。
転職をしようと営業求人を見るといろいろわからない言葉が出てくるので、きちんと意味を調べた上で納得して応募する必要があります。
日給月給制は毎月の給料は固定的に決まっているが、何らかの理由で遅刻や欠勤をしたときにはその分の給料を減じる仕組みです。
月によって営業日が異なることがあっても給料は変わりませんが、1時間遅刻すれば時給計算をして1時間分が減じられます。
この計算方法は多くの会社において取られている方法で特殊ではありません。

Page Top